参加作家どんなひと?

上映初日が近づいてまいりました!

お座席のご予約は、24日18時まで受け付けております!

本日は、参加作家がどんな活動をしているのか、

絵を交えてご紹介します!

まずは、

左から、野中晶史さん・田中美妃さん・永迫志乃さん です!

この三人は、早朝と深夜に放送しているEテレのミニ番組、『0655・2355』で、

あの「日めくりアニメ」などのアニメーションを制作しています!

Eテレをご覧になる方なら、

あのシュールなアニメーションを一度は目にしたことがあるかも知れません。

めくる日もあれば、めくらない日もあります!

ほかにも、NHK関係のお仕事をしている作家がいます!

それは、

秦俊子さん! 秦さんは、Eテレみんなのうたで放送された

『おもちゃのブルース』のパペットアニメーションを担当しています !

「きいろはどこいった?」ってなるから、みんなお片付けしようね!

まだまだおります!

左から、野中晶史さん・飯田千里さんは、

今話題の破天荒おじさんアニメ、Eテレ『大人の一休さん』に携わっています!

熱い!

また、飯田千里さんは、 SEKAI NO OWARI の楽曲『PLAY』のライブステージ用映像も手掛けてらっしゃいます!

こちらも熱い!ドラゲナイ!

そして、Eテレを作る側もいれば、見る側もいるんです!

左から、キム・ハケンさんと、田中美妃さん!

このお二人はまだ小さい赤ちゃんのお父さんとお母さんです! 子育てのかたわら、お仕事のかたわら、上映会準備に取り組んできました!

お子さんたちも、きっともう少ししたら、

Eテレを観ながら歌ったり踊ったり、きいろのクレヨンを探したりすることでしょう!

(もしくはトマトかも知れない!)

キム・ハケンさんは、かわいいお子さんのアッパ(韓国語で「お父さん」)ですが、

なんと、危険ドラッグ啓発のための

恐すぎるトラウマアニメも制作しています!

『危険ドラッグの本当の恐さ』https://www.youtube.com/watch?v=93F37iBvCk8

キム・ハケンさんのテイストが 危険ドラッグの恐さをまざまざと描き出しているアニメーションです!(顔がこわい!)

だめ!ぜったい!

ネットの動画といえば、こんな人もいます!

藝大大学院のアニメーション専攻には、美大藝大の学部出身者が多い中、 小野ハナさんはいわば「ニコ動出身!」。

初音ミクのMVなどを発表していました!

ゲームセンターに行けば、小野さんが携わっていた曲で遊べるかも?

ゆーびきった!

そしてここで改めてお知らせさせて下さい!

大事なことです!

イメージフォーラム・フェスティバル 2014で

『花芽 -flower bod』という作品で寺山修司賞を受賞した” 中野咲 ”はここにいます!

結婚を経て、名前が「松本紗季」に変わりましたが、ここにいます!

これでもう、どなたかが中野咲を探しまわっていても安心ですね。

松本紗季は、いまも元気に制作を続けています。よかったよかったです。

さてこんなに多様な作家をまとめている、大事な人がいます!

プロデューサーの、面高さやかさんです!

クリエイターの気持ちをよく理解しつつ多方面から支えてきた、静かなるドン!

短編アニメーション関係のプロデューサーってなにをするの?

とお思いの方もいらっしゃるかも知れませんが、

実はたくさんの仕事があるのです。

うずたかく積まれた蕎を平らかに運ぶかのごとき身のこなしで、

呼ばれればどこへでも風に乗って飛んでゆき、 朝日に照らされ、天辺の満月を臨み、

周りの人に敬意を忘れず、いつも笑顔で笑っている、

そんなプロデューサーです!

そんなメンバー構成でお届けする『アニメーション・パレット』!

誰が欠けても上映会には漕ぎ着けなかったと思います!

作品はもちろん、作家本人も、

そして初日から最終日、

またもし今回の人形町会期が成功したら、願わくば地方公演まで!

どうぞお付き合いください!


最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
© 2019 Copyright Animation Palette
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now